ダイレクトメールの作り方

印刷物

ダイレクトメール、いわゆるDMは業者に依頼すればコスト削減が可能となります。その印刷方法には幾つかありますが、人気を集めるのはオンデマンドによるDM印刷です。これは料金の安さとスピードの早さが理由です。DMはターゲットを限定して配る特性を持つために、それほど大量に印刷することはありません。けれども従来のオフセット印刷では枚数が少なくなると単価が高くなる課題がありました。これは印刷機にセットするためのアルミ板にDMの絵柄を焼き付けて現像する、いわゆる刷版作業が必要となるからです。この刷版料金は、注文枚数が百枚でも千枚でも同じです。つまり枚数が多くなるほどに一枚あたりの刷版料金は安くなるわけです。逆に枚数が少なくなると高くなることから、DM作成コストは上昇するのです。けれどもオンデマンドであれば、このような刷版作業は不要です。データを印刷機に流すことで直接用紙にインキを吹き付ける形で印刷を始めます。このスピードの早さも考慮されて、オンデマンドが支持されるのです。さらに従来のDM作成では、宛名はプリントしたシールを一枚ずつ手作業で貼っていたものです。けれどもオンデマンドならば、一枚ごとに異なる宛名も印刷することが可能となります。余計な手間や費用をかけることがないので、できる限り費用を抑えたい場合に役立ちます。DMはあくまでも告知宣伝することが目的となります。満足度の高い仕上がりにする必要はありませんし、開封率を高めるのが大切な取り組みと言えます。

雑誌

本づくりは業者に任せる

同人誌は今や日本国内だけでなく世界中にオタク文化の一つとして、広がりつつあるジャンルになっています。自分達の作品を誰かに知ってもらいたいのなら、印刷してもらってはいかがでしょう。商業誌とは違い同人誌は業者にお願いする必要がありますが、最近では同人誌の印刷を専門に請け負う所もできたのです。

文字

業者選びから始めよう

神奈川の印刷業者にチラシやハガキの印刷を頼むのなら、インターネットで比較しましょう。比較ポイントは料金とデザイン、納品の早さです。あとは、口コミ情報から評判を調べてみることも大切です。間に校正もあるので、手直しはできます。

本

色んな製本方法に対応

企業内などで少数の部数の冊子を作成したい場合には、製本機の導入が効果的である。製本機では、中綴じ製本や背張り製本など機種によって作成できる形式が異なる。少ない部数では、業者に依頼するよりも低コストで製本できる。