本づくりは業者に任せる

雑誌

誰かに読んでもらいたい

国内ではもちろんのこと、今や海外にまで進出している感のあるのがポップカルチャー、あるいはオタク文化と呼ばれるジャンルです。日本では十数年前から同人誌の即売会を開催されており、年々イベントとしての大きさが飛躍しています。同人誌という言葉は、すでにマイナーなジャンルであると言い切れなくなってきてるのが昨今の現状ではないでしょうか。誰もが発表したい、独自の世界観を作り上げたいものがあるのなら印刷をし、作品として仕上げましょう。始まった当初は参加者も少なかったのですが、今では同人誌の即売会というと、販売する側も売り場を確保するのが抽選になるほどのイベントになりました。どんな作品が売れるのかという問題はさておき、商業誌と違い同人誌は印刷を業者に依頼する必要があるのです。そして最近では喜ばしいことに、同人誌にも門戸を開いてくれる印刷業者が多くなりました。それどころか、同人誌の印刷を専門にしている業者も多数いるのに驚かされるくらいです。初心者でも分かりやすく説明してくれますし、少ない部数でも親切に対応してくれます。何と最小部数が30からという業者もいるので、販売するのでもなく記念に作りたいという人にもおすすめです。ウエブページにはサービス内容が記されているので、一度閲覧してみてはいかがでしょう。各種見本も置いてあるため、仕上がりの具合もわかりやすいです。また、印刷業者によっても依頼にかかる費用などが異なります。そのため、前もって印刷にかかる料金などを調べてから業者を選ぶようにしましょう。