色んな製本方法に対応

本

企業などにおいては、パンフレットを作成し宣伝活動を行うなど様々な面で冊子を作成するケースがある。また、学校や近所の集まりなどにおいても冊子作成を行いたいことがある。このような際に、冊子の作成を業者に依頼して作成するということが多くなっているが、製本機を導入することで企業内などでも製本することが可能になる。大量の部数を作成する場合には、業者に依頼して製本する方が手間や、部数によってはコスト面でも有利なことがある。しかし、部数が少ないケースや社内だけで使用したいなどの場合には、製本機の活用が効果的である。製本機では、紙に予め印刷しておき製本機にかけることで中綴じ冊子などを簡単に作成できる機械である。業者の本格的なものとは異なり、1部ずつ作成するなど作成に手間はかかるが、少ない部数では業者依頼するよりも低コストで利用できる。特に、製本機では一度購入すれば、その後使用し続けることができるため、少ない部数を頻繁に作成するようなケースでは最適な機械でもある。製本機の種類によっては、自動で複数の部数を製本してくれるものがあるなど機能は様々となっている。また、製本方法も中綴じ製本の他、背張り製本など機種によって作成できる製本形式が異なることが多い。製本機の性能によっては、ページ数に制限があり少ないページの冊子しか製本できないなど制約があることもあるので、どの程度の冊子を作成したいかを予め確認しておくことが必要である。